購入からはや2週間。何回か(何回?とつっこまないよーに)掃除した感想は、えみぃもオットも「Dysonでヨカッタ!」。

その吸引力は「絨毯がめくれてしまう」ほど。こんな風に書くとマイナス要因みたいだけど、今までは何度ヘッドを往復させても見えてるゴミが吸えないという状態だったため、一度ですっきり吸えてしまうのは気持ちが良い。

この恐るべき吸引力は、サイクロンエンジンが良いだけじゃなくて、コンタクトヘッドの構造によって実現されているように思う。

床モードと絨毯モードの切り替えができるこのヘッド。

◆床モード

dc08_1.jpg


写真だとよく見えないかもしれないけど、ヘッドの下からぐるーっと青い毛が出てて、床に平行に貼りつくように設計されている。この青い毛の中は、ものすごい吸引力になるので、細かいゴミを逃がさない!

◆絨毯モード

dc08_2.jpg


絨毯モードにすると、真ん中に絨毯用の突起が出て、青い毛よりも狭い範囲が吸着面になるようだ。しかも、絨毯への密着度は、床モードより高い。

いずれのモードも、地面に吸い付いちゃうんだけど、ヘッドを上に浮かすと空気が逃げてパっと離れる設計になっている。
(赤い矢印のところから、空気が逃げるのだ)

dc08_3.jpg



ネットでは「ヘッドが大き過ぎる」「(吸着しすぎて)自由にヘッドを動かせない」というコメントもあったけど、このヘッドの特徴をつかんでうまく動かせば、スイスイ掃除できる。
廊下にちらばったピーコの羽や餌の殻や粉など、すっきり取れて気持ちがいい。

本体が重いと聞いていたため、階段掃除をちょっと心配したけど、思ったより重くなくて大丈夫だった。
というより、ノズルがけっこう長かったので、本体を階段の上に置いたまま半分ぐらいかけられる。その後、本体を階段下まで移動して、半分以下をかけるという具合で、うまく掃除できた。

ネットで問題視されていた「音」についても、ほとんど気にならなかった。かなり大きい音だけど、前に使っていた国産のサイクロンもかなり大きい音だったし、掃除をするのはたいてい昼間でご近所を気にすることもないからだ。
集合住宅に住んでいて夜間に掃除したい人や、赤ちゃんが寝ている間に掃除したい人にはお勧めできないかも。

そうそう、DC08は本体中央から真上に排気が出るのよね。最初気がつかなくて、排気がピーコのゲージを直撃しちゃって、ピーコ達が大騒ぎ&羽が散乱しちゃった。ピーコのゲージ周りをお掃除するときは、本体を遠くに置かなきゃと思った。
でも、本体後方に出る排気によって巻き上がる床のホコリが問題ってことが多いので、真上に出るというのはいいんじゃないかと。さらに、排気がぜんぜん臭くないし。ま、臭くないってのはまだ使い始めってこともあるかもしれないから、もうちょっと様子を見ますかね。

誤解のないように書いとくけど、えみぃが買ったDC08は、もうほとんど売ってない。DC08は素晴らしい性能だったんだけど、日本の家庭には「大きすぎ&重すぎ&うるさすぎ」っていう評判だったらしく、むりやり小型軽量化DC12っていう機種が出た。でも「むりやり」だったから、性能的にはあまりよくなかったらしい。その後改良版のDC12Plusっていうのが出て、それと同時にDC08の日本販売は打ち切りになった。(先月の話?)
DCPlusはコンタクトヘッドじゃないので、このブログの使用感とは違うと思われる。。。
もう手に入らない機械を褒めてどうする?というつっこみをしないように!

と、Dysonに大満足!のえみぃの元に届いた「通販生活」のバイブルのトップに「ミーレ」の記事が。

実は購入前、Dysonにするかミーレにするか、すごく迷っていたのだ。
ネットで見た感じでは、

◆Dyson
長所:吸引力が変わらない、サポートの対応が良い
短所:でかい、思い、さほど吸わないよ(という意見も多かった)
消耗品:なし

◆ミーレ
長所:カッコイイ、20年使えるらしい、排気キレイ、床だけなら十分の吸引力
短所:あまり悪く言う人いなかったのよね
消耗品:紙パックやフィルターなど、交換が必要

ネット上の対戦はミーレの圧勝って感じだったし、20年間使える(部品保障が20年!Dysonは6年)ってのはすごいなーと思ったんだけど、えみぃ的にはどうも紙パックの交換がひっかかった。形も面白かったのが決定打となってDysonを買ったんだけど、巻頭で特集組まれちゃった日にゃぁ、ちょっとグラグラ。

今さらグラグラしても始まらないんで、6年経って壊れたらミーレを買ってみようと思う、今日この頃なのだ。