今朝浅間山を見たら、雪で真っ白だった!いよいよ冬がやってきたなーって感じ。
でも、この辺はまだ雪降らないよ。遅いね。

先日収穫した大根に切れ目を入れて、切干大根を作ることにした。切干大根の煮物とか、酢の物とか、最近大好きなもんで。
ネットで検索したら、いろいろな干し方があったんだけど、少ないスペースでたくさん作れそうな方法を選択。

大根の脇に角材を置いて斜めに切れ目を入れ、ひっくり返してまた入れて、吊るして干すというもの。吊るすとジャバラみたいに広がって、いい感じで乾くらしい。

ってことで、オットと交代で切れ目を入れた。

fuyu1.jpg


左がえみぃで右がオット。なんか、オットのほうが手つきがいいみたい(爆)
切り込みを入れる度に、ジュワって大根の汁が出てくる。すんごいジューシーな大根だわ。

切り終わって広げてみた。
ジャジャーン!

fuyu2.jpg


ジャバラになってない。ぜんぜん開かないよー。
切り込みの入れ方が甘かったかな?

本当は、縦に吊るす予定だったんだけど、根元を持ったら途中で切れちゃった。

fuyu4.jpg


ちぎれてない子も心配だったんで、こんな干し方でガマン。

fuyu3.jpg


イモムシみたいだけど、こんなんで乾くのかな?
2週間後を、こうご期待!(今日は写真ばっかで短いわ)