農作業

素人だらけの稲作 はぜかけ20日

我が家の田んぼは0.8反部(約240坪)の広さ。
田んぼを貸してくれた人の話だと、15俵ぐらいは収穫できるだろうってことだったけど、リョウコの収穫目標はどーんと大きくて20俵(1200Kg)。
なんだけど、脱穀をしてみたら、ナナナナント60俵も採れちゃって、んもー笑いが止まらないのだ!っていうのは、えみぃが今朝観た夢のお話。
よほど脱穀が待ち遠しいらしい。

苦戦した稲刈りから3日、お昼休みに稲の様子を見に行った。

haze1.jpg


ちゃんと立ってたー。よかった。
左の2つがかぶってるけど、全部で5個のはぜ。
素人が数々のアクシデントを乗り越えて作った感じがすごく出てる。

だってプロが作ったのは、ピシーって一直線だったり、
複数たってても、定規で測ったようにキレーに並んでるのに対して、
えみぃん家のはぜは、あちこちにあって、大きさもばらばら。。。
来年はプロっぽく、ピシーっと並べたいと強く思った。
あと、金属の足も買おう。

落穂を拾って、もみがらをむいてみた。

haze2.jpg


きれーな色をしてた。いつも食べてる玄米って、もっと茶っこい色してるんだけど、
この子は金色に見えた。気のせい?
ぷっくりした、立派なお米だった。

オットに「食べてみたら」と冗談を言ったら、ほんとに食べちゃった!冗談が通じない人だ。

リョウコに「いつ頃脱穀すんの?」と聞いたら、「昔の人ははぜかけ20日って言ってたから、10月10日ごろかなぁ」と言っていた。
だけど、アキヨさんが「もうやってもいい」と言えば、急に決まるんだろうな。リョウコも稲作は素人だから、自分達で日程を決められないのだ。
ちょっと困ったチャンなんだけど、今年はジンジャーエールだ。

はぜの上に、とんぼがいっぱい止まってた。

haze3.jpg


青い空と、赤いトンボと、金色に輝く稲の色がすっごくきれいで、
風が心地よくて、気持ちのいい秋の午後だった。

素人だらけの稲作 稲刈り(結)

解散後、まっこちゃんを家まで送った。
まっこちゃんはえみぃのお友達、となりの市からはるばる手伝いに来てくれたのだ。
本当にありがとー。

帰りに、まっこちゃんの家と同じ市内にある、オットの実家へ行った。
その日、東京に住んでいるオットのお姉さん家族が遊びに来ていたのだ。
月曜日はえみぃ宅に泊まって宴会をすることになっていた。

オットが、事の次第を説明して、月曜日作業を手伝ってもらいたいとお願いをしたところ、快く引き受けてくれた。ヨカッタ!
ちょっとだけ安心して帰宅。ビールを飲んで寝た。

月曜日、朝10時、お姉さん一家(わんこ含む)とお義母さんが、手伝いに来てくれた。
リョウコ、オット、えみぃの総勢7名+1頭で作業開始。
お天気が良くて助かったー。ちょっと暑かったけど。

まずははぜ棒を組むところからスタート。

前日倒れたのは、足に使った棒が細すぎたのが原因と判明したので、太い棒を選んで組むことに。
さらに、端っこの3本足を4本足にして強度をプラス。

last1.jpg


足の棒が足りなくなりそうだったので、リョウコが持ちに行った。

わんこ(黒ラブちゃん)は、車のところに1人おきざりにされ、時々「くぅ~ん、くぅ~ん」「ワン、ワン」と鳴いていた。
かわいそうだけど、ちょっと待っててねー。

3本を組むのも苦労したけど、4本となるともっと大変。
試行錯誤しながら、組んで行く。

リョウコが戻ったので、男たちとリョウコで足を組み、女たちは落穂拾い&崩れた束結びをすることにした。

昨日はぜんぜん落ちていなかったのに、今日はあっちにもこっちにも落ちている。
踏まれて泥んこになってしまったものや、茎が何段階にも曲がってへろへろになったもの、茎と穂が分かれてしまったものもあった。悲しい。
一粒も無駄にしてなるものか!と、一生懸命拾った。

そうこうしているうちに、はぜが1つできたので、女たちははぜかぜに挑戦!
お姉さんもまりぞうもはぜかけ初体験だったけど、なかなかの腕前だ。

2つ目のはぜ棒を組み、そのうち1本のはぜかけが終わったところでお昼にした。

お義母さんがおにぎりや煮物やからあげを持ってきてくれたので、ビニールシートの上に食べ物を広げ、みんなで腰をかけて食べた。
1人ぽつんと作業を見守っていたわんこも近くに連れてきて、みんなでわいわい。

そこへアキヨさん登場。

アキヨさん「終わりそうだな」
リョウコ「(一緒に)お昼食べて行きや」→あんたが用意したもんじゃないだろっ
アキヨさん「チビ(孫)が家で待ってるから帰るわ
      まだ終わりそうもなきゃ手伝うかと思ったけど、終わりそうだな」
リョウコ「あぁ、じき終わるわ」
アキヨさん「あれぇ、これは立派なお犬様だでぇ」

と言って、わんこの顔をなでなで。
お犬様って、あんた。アキヨさんってほんっとにおもしろい人だ。
「じゃぁな」と言って、アキヨさんは去って言った。
昨日あんなことがあって、遅くまで付き合わせちゃったのに文句を言うわけでもなく、今日も手伝うつもりでさりげなく様子を見に来てくれたんだ。
なんていい人!

しばらくすると、今度は上の田んぼの家の人(おじいちゃん)が様子を見に来た。
自分の田んぼの様子をしばらく見ていたが、えみぃ達のところに近づいて来て、

おじいちゃん「楽しそうに稲刈りをしてますね
       昔はみんな、こうやって一家総出でやったもんですが、今はね。
       コンバインなんか使って一気にやっちゃうようじゃだめなんですよ。
       いやぁ、素晴らしいですね」

と感心して帰って行った。

確かに、この辺りでも、若い人が参加して稲刈りしている家なんて、めったに見ない。ましてや、手で稲刈りなんて、えみぃが小学生の頃も家だけだった。
最近の稲作は、機械を使って少人数でささっとやってしまうし、お米も昔ほど貴重なものじゃなくなってるから、お米を大事にしなくなってるように思う。
でも、家族みんなで豊作に感謝しながらわいわい作れば楽しいし、子供はもちろん大人でも、お米作りの大変さやお米のありがたさがわかって、大切にすると思う。
お米作りを初めてよかったなーと、改めて思った。

お昼休憩が終わったところで、えみぃは家の掃除&お仕事があったので、一足先に戻ることにした。後は、オットファミリーとリョウコにまかせて。

オットから聞く話によると、わりと良いペースで作業が進み、午後2時過ぎには終わったそうだ。

少し若くて残してあった稲を刈って良いと言われ、喜んで刈るまりぞう。
marizo.jpg


自分で刈った稲を束ねるまりぞう。遠くにパパ&わんこも。
marizo2.jpg


23日から25日まで3日間に渡り、14名が参加したドウヤの稲刈りは、こうして静かに終わった。
24日の夕方はぜが倒れたときはどうなることかと思ったけど、ちょうどお姉さん家族が来ていて、手伝ってくれたので、最後まで楽しくできた。
手伝ってくれたみなさん、本当にありがとうございました。

さぁて、次は脱穀、今度はどんなドラマが生まれることか。。。

素人だらけの稲作 稲刈り(転)

リョウコとアキヨさんの指南を受けながら、オットとスカオットが、はぜ棒を組んだ。
長い棒の両端は3本の足で支え、中2箇所を2本の足で支える。

長い棒4本分でぜんぶ掛けられると読んだリョウコ。
長い棒1本ずつわけるか、全部つなげるかの選択肢があった。

長い棒1本ずつ分ける場合、短い棒が40本必要になるので組むのが大変だが、万一倒れた場合の被害が少ない。
全部つなげた場合、短い棒は31本で済むので組むのは早いが、倒れた場合の被害が大きい。
日がだいぶ傾いていたこともあり、つなげるほうを選んだ。

まっこちゃん、なっちゃん、えみぃの3人は、稲の束をはぜ棒の近くに集める係り。

アキヨさん、ミニスカ、リョウコがはぜかけ隊となり、組み終わらないうちからどんどんかけて行く。
1段目は、稲の束を3:7の割合に分けて、左右交互にかけていく。2段目は稲の束を真ん中で分けで、上に乗せるのだ。

img20060927.jpg


4本を組み終わって、はぜかけも80%ぐらい終わった。
先が見えたので、リョウコとアキヨさんはあぜに座り、タバコを一服。
が、ここで問題発生。どう見ても、稲が全部かからないのだ!

アキヨさん「ぜんぶ掛からねぇなんて、うれしいことだにな。
      無理して3段にすると倒れるかもしんねぇから、もう1本足したほうがいいな」
リョウコ「そうだな」

アキヨさんとリョウコがそんな話をしている中、早く作業を終わらせたい若者たちは「あと1本作るなんて待ってられない」「乗せちゃぇ乗せちゃぇ」と、3段目を掛け始めた。

アキヨさん「足のある上にかけな、真ん中は危ねぇから」

アキヨさんに言われたように、足があるところだけ、3段がけにすることにした。
そしてあと4、5株で終わりっていう頃、ミニスカが

「明日の朝来たら、倒れてたりしてね~」

と不吉な事を口走った。
そして、次の瞬間、、、





「パキッ」
「バサ、バサ、バサー」

という音とともに、全部倒れた。
中ほどの足が折れてしまったのだびっくり

img20060927_1.jpg


えみぃの頭の中に、8時だよ!全員集合の落ちた後の音楽が鳴り響いた。
そして、なぜかおかしくて、みんなで大爆笑。
おかしかったんじゃなくて、笑うしかなかった。
あと一息で終わりというところで、はぜかけが振り出しに戻ってしまったのだから。

しょんぼり、がっかりだけど、どことなく他人事の女たち。
img20060927_2.jpg


途方に暮れる男たち。
img20060927_3.jpg


なんとかうまく復旧できないか、必死のおばばたち。
img20060927_4.jpg


足の上にかかっている稲だけ外し、持ち上げようとしたけど、ものすごく重くて無理だった。
結局、稲を全部いったん外して、はじめからやり直すことになった。
しょんぼりする若者たちに向かっておばばたちが

アキヨさん「重みで倒れたっつーことは、豊作ってことだに。」
リョウコ「何年も使ってねー棒を借りてやったからいけなかっただよ。」

気を取り直して、みんなで作業。
今度は長い棒1本ずつで組むことにした。

チビスカとJr.が風邪をひくといけないので、ミニスカは2人を連れて先に帰宅。

4本じゃ足りないってことで、オットとスカオットは再びはぜ棒を取りに。
女たちは棒を組み直しながら、必死のはぜかけ。

だけど、倒れたはぜ棒から稲の束を外すとき、束がくずれたり、落穂が出るし、日がどんどん傾いて寒くなるしで、2本分掛け終わったところで、作業を中断。

はぜかけが終わった田んぼで、夕焼けをバックに集合写真を撮影するつもりだったのに、真っ暗な田んぼで、達成感がないまま、あわてて解散することになった。残念。

まだまだつづく

素人だらけの稲作 稲刈り(承)

晴れた!

朝10時、総勢9名(チビ2人含む)の大所帯で作業開始。
前日のシミュレーションにより、刈る人と束ねる人に分かれて作業をした。

稲刈り隊は 左から オット スカオット なっちゃん
img20060927.jpg


なっちゃんは「稲刈りだけはイヤ!」と宣言していたのだが、

ミニスカ「(なっちゃん)日曜日はひま?」
なっちゃん「(親指を立てて)ひまっす!」
ミニスカ「じゃぁ稲刈り、手伝ってね笑顔

ということで、参加することになった。

束ね隊は まっこちゃん ミニスカ リョウコ
img20060927_1.jpg


えみぃはと言うと、、、
img20060927_2.jpg

子守の人になってしまった。こっちのほうが疲れるっちゅーの。
チビスカは大人のやることをなんでもやりたがる。

チビスカ「鎌で刈りたい」
リョウコ「切れねぇ鎌があるから、それで刈らせてやれ」
チビスカ「切れない鎌ちょーだい音符

「切れない」の意味がわかっていないチビスカ、錆びた鎌を渡されて大喜び。
でも、いくら切れない鎌だって、安心はできない。
ちょこちょこ動き回るJr.を牽制しながら、チビスカの動きも見張る。
お手伝いになるように「稲の間にある、雑草を刈ってくれるかな」と提案するも

チビスカ「稲が刈りたい」

そう言うと、なっちゃんの側に近づき、刈ろうとした。

なっちゃん「ダメ、危ないでしょ。言うこと聞かなきゃだめだよ」

なっちゃんに怒られてしょぼんとしたチビスカ。
チビスカが悪いわけじゃない、鎌なんて持たせたからいけないのよね。

鎌をなんとか取り上げて、落穂広いを提案した。

えみぃ「落穂拾ってくれるかなぁ」
チビスカ「落穂ってなに?」
えみぃ「こういう風に落ちてる稲を拾うことを、落穂拾いって言うんだよ」

手で刈っているためほとんど落穂はないんだけど、それでも一生懸命拾い始めた。

リョウコ「おーい、お昼にしりやー」

あっという間にお昼だった。
ミニスカ&なっちゃんがにぎったおにぎり(えみぃの梅干入り)と漬物と枝豆を広げて、ビニールシートに座ってわいわい。
太陽の下、みんなで食べるおにぎりってサイコーにおいしい。
チビスカもJr.も、大人顔負けの食べっぷり。

お昼を食べていると、アキヨさん登場。
リョウコのマブダチで、農業の先輩(?)である人だ。軽トラックと稲刈り機を借りることになっていた。

が、到着した軽トラックに稲刈り機はなかった。
どうやら、他の人が借りて行ったらしい。。。
オットの顔が曇ってしまった。

気を取り直して午後の作業開始。

チビ2人は、どろんこ遊びを始めたので、リョウコに子守を任せてえみぃも束ね隊に参加。
稲刈り隊も束ね隊も、もくもくと作業をする。午前中の余裕はない。

しばらくして、稲刈り隊が最後の一山に手をかけた。
最後の一株をめぐり、仁義なき戦い勃発!

img20060927_3.jpg


玉を取るのは誰だーなんて言ってるうちに、稲刈りが終了。

オットとスカオットは、軽トラックではぜ棒(稲をかけるための棒)を取りに出かけ、なっちゃんは束ね隊に参加。

束ね隊の作業は難航していて、まだ半分ぐらい残っていた。
そこへ、「もう終わってる頃だと思っただけど~(まだぜんぜんだな)」と言いながらアキヨさんが再び登場。
ものすごいスピードで束ね始めた。

いつの間にか、リョウコ&アキヨさん&なっちゃんVSえみぃ&まっこちゃん&ミニスカの、束ね対決になっていた!

チビスカ「あっち(リョウコ達)のチームに負けないように、頑張ろう!」
チビスカ「えみぃちゃん、もっと早くやんなきゃだめじゃん」
チビスカ「負けちゃうよ」

なぜかチビスカにプレッシャーをかけられ、あせる大人3人。

しばらくするとなっちゃんがやってきて「アキヨさんがすげースピードで束ねるから、あっちは終わり」と勝利宣言。

チビスカ「負けちゃったねー」

それでも頑張った甲斐あって、こっちもだいぶ片付いてきた。もうちょっとだ!
リョウコもやってきて、束ね隊の作業が終了!(たぶん2時ごろ)

オットとスカオットがはぜ棒を持ってきた。
長い棒は8メートルぐらいあって軽トラックに積むのは一苦労だが、スカオットがトラック職人なので、なんとか持ってきた。

img20060927_4.jpg


あとははぜかけを残すのみ!


つづく

素人だらけの稲作 稲刈り(起)

週末は天気が崩れる予報だったけど、雨は免れた。

ine1.jpg


23日の朝9時、リョウコ&オット&えみぃの3人で静かに稲刈り開始。
本格的な稲刈りは24日だったけど、もしかしたら小さい稲刈り機を借りられるかもしれないので、機械を入れるために周りを刈っておくのと、効率よく作業をするためのシミュレーションを兼ねての作業だ。

オットは真新しい稲刈り鎌を持って、張り切って刈り始めた。
2本ずつ植えた苗が、こんなに太く育ってる!感動的。

ine7.jpg


8~10株刈ったところで、揃えて置いていく。
リョウコとえみぃは後ろから1束ずつ水で湿らせた藁(わら)で束ねて行く。

ine2.jpg


藁って乾いていると切れ易いんだけど、水で湿らせると切れないのね。
それに、そんなにきつく締めなくても抜けないし、結び目も外れない。
先人の知恵の素晴らしさにも、また感動!
藁で束ねる方法は、田植えのとき苗を束ねたのと同じ方法だけど、束が太くなっている分難しい。
なかなかペースが上がらなくて、オットはどんどん刈ってしまって、束ねられていない稲がどんどん溜まっていく。やばいぞ。

しばらく作業をしているとオットが突然「カニが居る!」と叫んだ。
稲の株のところに、サワガニ君が居たのだ。

リョウコ「チビスカが喜ぶから、とっとけや」

小さなバケツに水や石を入れ、サワガニ君を入れた。

ine5.jpg


サワガニ君は落ち着かない感じだったけど、「明日チビスカに合わせたら逃がしてあげるからね」となだめておいた。
よく見ると、稲の葉っぱにはイナゴ、株元には殿さまカエルの子やゲンゴロウやちっさいクモなど、たくさんの生き物が居た。
小動物の宝石箱や~。

オットが半分まで刈ったところで、お昼&休憩。

想像していたより、ペースがあがらない。でもまぁ、明日は人数も多くなるし、機械も借りられそうだからなんとかなるか、と結構楽観的なムード。

お昼を食べ終わって作業を再開し、それから2時まで頑張って、なんとか周りの稲刈り&束ねるのが終了。

ine3.jpg


リョウコはなんと、それから夜勤。翌日は夜勤明けのまま稲刈りの予定。
恐ろしい体力だ。
えみぃとオットは家に戻って、翌日に備えることに。

つづく




プロフィール

drecom_pekoemi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ