メジャーリーグ

えみぃとオットのWBC

ここ数年の、プロ野球人気低迷もなんのその、ものすごい盛り上がりを見せたWBC。

昨年ロッテ・バレンタインが優勝した熱をちょっとだけひきずり、イチローが参加表明した ことで発火
予選で意外に苦労してちょっと下火になるも、不死鳥のごとく復活した韓国戦の大勝で再び発火
そして昨日のキューバ戦で大爆発!って感じだろうか。

WBCが発表された当初は、シーズン直前の開幕で、メジャーリーガーやプロ野球選手が
参加するのか?本当に世界No.1を決められるのか?
と心配されたけど、アメリカも日本も韓国も、第一線の選手たちが出場して、世界NO.1を決める
大会って感じになった。

高校野球からメジャーリーグまで、筋金入りの野球バカ、じゃなくて野球好きのオットは
もちろん、ちょっとメジャーをかじっただけのえみぃも、とっても観戦したかった。
でも悲しいかな。地上波でしか放送がない。なんでだー。

しかたがないから、予選リーグはネットでスコアを観戦。翌日のやじうまワイドでコメントを聞く
(もちろん静止画像)という日々だった。

準決勝の韓国戦も、ネット観戦。途中でがまんしきれなくなったオットは、車で飛び出した。
スティッピィ(オットの愛車、ステップワゴン)には、TVがついているのだ!

電波がよく入るところ(近くの駅)まで移動して、車内観戦。えみぃは相変わらずネット観戦。

なんかここら辺までは、対岸の火事って感じで、結果だけわかればいいかなーって思ってた。
が、いつになく熱いイチローのコメントを聞いて、世の中のWBC熱がえみぃにも飛び火した。

イチローがメジャーに行ってから、ほとんどの試合をかかさず観戦してきたえみぃとオットの
中にあるイチロー像は、試合に勝っても負けてもポーカーフェイス、試合後のインタビューにも
ほとんど応じない、というものだ。去年2000本安打を記録したときも、うれしそうな顔は
したけど、コメントは冷静なものだった。

そんなイチローが、試合中カメラに向かってポーズをとったり、他のチームにむかって挑発的
なことを行ったり、予選で韓国に負けて涙したり、という報道を聞いて、ビックルを一気飲みした。

そおいえば、古畑任三郎に出演したのもびっくりしたー。
生活のすべては野球のためにあるっていつぞやの番組で言ってたイチロー。
やる気のないマリナーズの監督やチームメイトに嫌気がさし、やけのやんぱちなのか
それともドラマ出演によって、野球の勘が磨かれると思ったのか
それとも本気で俳優になるつもり? などと考えてみたものの、イチローの真意はわかるわけなく。

なんか今年は、シーズンを前にして「イチロー大改造」が行われている気がする。
というか、今見ている「熱いイチロー」がほんとうのイチローなのかも、と感じる今日この頃。

話はすごくそれたけど、そんなこんなで、昨日はえみぃとオットも熱くなっていた。

とはいえ、2時間以上車内観戦は無理だから、とりあえずネット観戦。
始まる前は「がんばってほしいけど、キューバだしねー」と、実はあまり期待していなかった。
速球で攻める松坂って、なんか打たれそうな気もしたし。

ところがどっこい、初回でいきなり4点を奪う猛攻。松坂もいきなりホームランを打たれるも、
その後はビシッと抑えてた。

7回終わって6vs3.なんだか行けそうなムードが漂ってきた。

8回表までがまんして、そこから車内観戦。

するといきなりのヒット&ホームランで1点差に詰めよられた。ひぇ~。
しかもまだ1アウトだよ。
やばやばな空気の中、大塚がマウンドにあがった。

大塚といえば、足をぶらーっとさせるモーションが「2段モーション」じゃないかって物議を
呼んだ人だ。そして去年まで、パドレスで「セットアッパー」として活躍していた。
セットアッパーっていうのは「リリーフエースの前(通常8回)を投げる投手」だ。
つまり、シーズン中大塚は8回の1イニングしか投げていない。
8回裏で出てきたってことは、今日は2イニングあるよ。大丈夫ー?と祈る気持ちのえみぃ

しかしそこはセットアッパー。難なく2アウトをとり、8回が終わった。

そして9回表は、9番からの攻撃。今回イチローは3番を打っているから、なんとしても出塁
してほしー、と思っていたらサードゴロだよ(がっくり)。
と思っていたらサードの送球をファーストの選手がポロリ。やったー
よし、次は1番川崎。今日あなたはエラーしてるんだから、きっちろ送りなさいよ
って言ってんのに、送りバント失敗。んもー、なにやってるんですかっ。
しかし2番の西岡がナイスなプッシュバントで、1アウト 1、3塁。

そこで出てきたのは千両役者イチロー!あー、もうほんとになんておいしい場面がまわって
くるんだろう、この人には。
バッターボックスのイチローは、メジャーの試合で見るイチローだった。
するどい目つきでピッチャーを威嚇?!そしていつものサムライポーズ

打ってくれ~とテレビの前から念を送るえみぃとオット。いやきっと、世界中の日本人が
祈っていたんだろう。

祈りが通じてライト前ヒット!1人生還。
いやーほんとにすごい人だわ。イチロー。なんか体がふるえたもの。

4番松中は敬遠されて満塁。
5番多村に代わって、韓国戦で先制2ランを打った福留がバッターボックスに。
再び打ってくれ~と念を送ると、レフト前ヒット!!!その間にイチローは2塁から生還。
気合の入ったスライディングにまたしびれた~。
6番里崎がフォアボールで出塁すると、7番小笠原の犠牲フライでさらに1点追加。

ナナナんと、8回表で4点追加。また5点差に引き離した。

あとは大塚にがんばってもらうしかない。
神様 仏様 大塚様 ってことで、また念を送る。オットは「もう勝ったも同然」と余裕をこいていた。
するとヒット、ヒットで1点追加。さらに1アウト 1、3塁でいや~な感じ。
こうなってくると、先攻ってやだね。しかも大塚にとっては未知の2イニング目だし。

ところがその後の2人を三振でピシャリ!やったー、優勝だー。

王監督より先にインタビューに答えるイチロー。
「サイコウっす。さいこうのメンバーです」と興奮気味。

その後も興奮した選手の姿が次々と写し出され、えみぃとオットも興奮しながら画面を見つめていた。

と、アナウンサーが興奮のためか
「今日、3月21日、日本では春分の日ということらしいですが」
だってー。あんた何人なんだー、と、オットと2人で大爆笑。

えみぃとオットのWBCは、興奮と感動と爆笑で幕を閉じたのであった。

バンビーノの呪い、解ける

ワールドシリーズは、レッドソックスが4-0でストレート勝ち。長髪&無精ひげ軍団のパワーは、とうとうバンビーノの呪いからチームを解き放った!
歓喜に沸くレッドソックス軍団を見ながら、なんだかちょっとつまんない。。。って思ってしまったのはえみぃだけだろうか。呪われて優勝できないなんて、ちょっとミステリーだもんね。

ところが、他にも呪われている球団があったのだ。それは、メジャー屈指のスラッガー「サミー・ソーサ」が所属するシカゴカブス。かけられた呪いはなんと、「ビリーさんの羊の呪い」(Curse of Billy Goat)。

1945年、ビリーさんはワールドシリーズ第3戦まで、飼っていた羊を連れて観戦に来ていた。(羊の分までチケットを買っていたらしい(汗))ところが第4戦はなぜか球場に入れてもらえず、激怒したビリーさんは
「呪ってやる~!」
と叫びながら、グレーフィールド(カブスの球場)を後にした。以来、カブスは一度もワールドシリーズに出場していないらしい。

でも、いくら半世紀前でも、羊を連れて野球を見に行ったのは何故??球場に入れた日もあったというのも不思議?
アメリカ人って案外メルヘンチストが多いのかしら。

呪いは解けるのか

結局、ヤ軍の2連敗で、赤軍がワールドシリーズ進出となった。
オットは「もう松井が見られない」とかなりがっくり悲しい来ていたが、えみぃは赤軍の優勝もいいのでは~と思っていた。

メジャーリーグに詳しい人にとっては周知のことだが、赤軍は「バンビーノの呪い」によって、1918年のワールドシリーズ優勝依頼、一度も優勝がないのだ。
バンビーノとは、ホームラン王として有名なベーブ・ルースの愛称。1920年1月に赤軍が12万5000ドルと引きかえにヤ軍に放出したことから、彼の呪いで赤軍が優勝できないと言われている。ワールドシリーズで優勝すると呪いが解けるとファンは信じているのだ。えみぃも、呪いが解けるところを見てみたい。というか、呪いが解けた!ときの赤軍のファンがどんな反応をするのか、見てみたかった。

でも、、ヤ軍に勝った喜びのあまり暴徒化した赤軍の騒ぎに巻き込まれて女性がなくなったという悲しいニュースを見た。うれしいのに何故暴徒化?理解できん怒り
ということで、カーディナルスを応援することにした。田口くん、頑張れ~。祝日

NY vs Boston その後

第2戦、マルチネスはなかなかの好投だったが、ヤンキース(以下ヤ軍と略す)の大砲軍団には勝てず2敗目、第3戦は大砲軍団が大爆発でレッドソックス(以下赤軍と略す)は粉砕。3連勝となったヤ軍は優勝に王手をかけた。
第4戦も、ヤ軍優勢でゲームが進み、ストレートで優勝?と思われたが、最終回に赤軍が同点に追いつき延長戦に突入、12回にまさかのさよなら負けとなってしまった。

そして迎えた今日、ボストンでの第5戦。前日のさよなら勝ちの勢いで形勢を逆転したい赤軍と、その流れを止めたいヤ軍。先発はエース対決(ムッシーナvsマルティネス炎)となった。
マルティネスは、気合の入った素晴らしいピッチングで初回を無失点に抑えた。対するムッシーナはいきなり2点を与えてしまう。アチャー、今日はやっぱ赤軍かー。

と思っていたら、6回、ヤ軍の千両役者ジーターのスリーベースであっさり逆転。やっぱりこの人たちは強い、決まったな。

と思っていたら、8回、赤軍オルティスがホームランを打って1点差。あれ、なんか昨日の最終回と同じ展開?と思っていたらさらに1点追加で同点にっ!恐るべし執念。

またまた延長戦に突入。この時点で開始から4時間以上経過で、解説者も見ているほうも疲れてきた。。。10回、11回、、、とまったく点が入らないまま迎えた14回、 「今日は負けでもいいから終らせて」というえみぃの祈りが通じたのか、さよならで赤軍が勝利。
まぁ、次からヤンキースタジアムだしさ、依然として3-2でヤ軍が優勢だしさ、ということで良しとしましょう。

しかし、優勝がかかった試合とはいえ、ファンの応援がすごい。熱い!興奮してみんなジャンプすると、球場がゆれちゃうんだってよ~。最終回なんて、球場が壊れそうだったもん。 あと、松井が打席に立ったときのブーイングもすごい。これはかなり感動キラキラ 今日は見せ場はなかったけど、明日はがんばってね~。

そうそう、今日はちらっと「Who's your PAPI?」っていうボードが見えたけど、PAPIってなんだろう?

Who's your Daddy?

ゴジラ松井がメジャーリーグに行ってから、オットとともに毎朝メジャーの試合を観戦している。今、ワールドシリーズ出場をかけた、ニューヨークヤンキース対ボストンレッドソックスの第2戦の真っ最中。オットもえみぃも仕事そっちのけで観戦している。

両チームは、アメリカンリーグの同じ地区(東部)に属していて、レギュラーシーズンでもよく対戦する。チーム力が五分(?)で、昔からのいろんな因縁があったりして、いつも白熱した試合を見せてくれるし、ファンの熱狂振りもすごい。去年のワールドシリーズ決定戦では、両投手の危険球から大乱闘になって、これまた外野の私たちにとってはおもしろかった。
去年は、その後ヤンキースが辛勝し、ワールドシリーズに駒を進めた。

と、前置きが長くなったが、今日も白熱した試合が展開されている。先発は、エースのペドロ・マルチネス。去年の乱闘の元を作った人なんだなぁ、これが。松井もメジャーに行った当初はなかなか打たせてもらえなかったけど、先日の地区優勝決定戦では苦手克服!の大当たり。試合後にペドロが「ヤンキースは強すぎだよぉ、もう、オレのダディと呼ぶしかないよぉ(お手上げの意味らしい)」とぼやいたらしい。
今日も立ち上がりからへっぴり投球。ランナーが出て松井の打順がまわってきた。
「よっ!千両役者!!今日もおいしいところをもっていけー」と、応援に熱が入ったえみぃだったが、ペドロの投球がすごい。急にするどい球になっちゃったーと思っていたら、見逃しの三振。この前打たれたのがよっぽど悔しかったのかな。

それからのペドロの投球はなかなか良い。立ち上がりのへっぴりがうそみたいだ。するとすかさず客席から「Who's your Daddy?」コール。ニューヨーカーは怖い。

ヤンキースは今日の試合に勝つと、優勝に王手がかかる。ぜひとも勝って欲しいと思う反面、早く決着がつくと楽しみがへっちゃうから、もつれて欲しい気もする。

ところで、ヤンキースのオーナーはジェントルマン好きってことで、みんな短髪でおひげもちゃんとそっているのに、レッドソックスは長髪&熊みたいなひげの人が多い。去年は全員スキンヘッドで優勝をねらってだめだったから、今年は願をかけて長髪にしてるのかなー。
それにしてもペドロの長髪は変だよ。
pedro.gif
プロフィール

drecom_pekoemi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ