ジャーマンアイリス

アイリス出荷2006 その1

例年にない長い梅雨で、アイリス達の成長が心配されていたけど、元気に育った。
いよいよ出荷が始まる。
ドウヤでは「寒冷地」のお客様には7月末に、それ以外のお客様には8月末に出荷をしている。

今年の予約数は去年の3倍、気合を入れないとね。

アイリスの出荷手順は以下のとおり

1)予約株を掘る
2)株を分け、葉と根を切り、涼しいところで乾燥させる
3)お客様名と品種名が入ったタグをつける
4)アイリス、送付品種写真一覧などを箱につめ、出荷

アイリスは、花が終わると品種の見分けがつかなくなってしまう。
品種ごとに列を分けて栽培して管理しているけど、植え付けの時点で違う品種がまざることがたまにある。
お客様に送る株が間違ってはいけないので、開花中の株に品種名のタグをつけておくのだ。(この作業がとっても大変)

その株を一つずつ堀りあげ、掘ったそばから球根1つ1つにマジックで名前を書いておく。
球根は葉と根を切って、涼しいところで乾燥させる。
乾燥が終わると、いよいよ箱詰めだ。

shukka.jpg


写真は、注文リストに沿って球根をチェックするオット。
(本人の希望により、顔にモザイクを入れたけど、かえって怪しい人だ)
球根には、お客様名と品種名を書いたタグをつけてある。
ひとつひとつ球根を確認しながら、リストにチェックを入れるのだ。

shukka2.jpg


チェックが終わると、箱詰め開始。えみぃもお手伝い。
送付品種の写真を一覧にしたリストを同封するので、その順番にアイリスを入れていく。
この作業がけっこう大変。
チェックをするときにリスト順に並べてくれればいいのに、ばらばらなんだもん。
このお客様は注文数が多かったので、1人神経衰弱状態。
あれはどこだー、これはどこだーと探しているうちに、疲れてしまった。
ぶーぶー文句を言っていたら

オット「オレがやるからいい怒り

と怒られ、えみぃは退散することに。役にたたなくてすんまそん。
その後、オットがもくもくと作業を進め、来年きれいに咲いておくれよ~という思いを込めて、ふたを閉めた。

数日のうちに、前半戦が終了した。
ほっとしたのと、ちょっとさみしい気持ちと半々かな。
なーんて感傷にひたる暇はなく、今度は雑草との戦いがあるし、後半の出荷もまたすぐやってくるし、ばたばたのドウヤなのだった。

仁義なき戦い

梅雨も明けないうちから、すっかり夏のような暑い日々。
アイリス畑では、植え替え作業の真っ最中。

メインの畑(約300坪)のアイリス達は、今年新しく借りた畑に、リョウコが植え替えをしている。
オットとえみぃの畑(100坪)のアイリス達は、新しい畑と同じ畑内に植え替えてる。

具体的には

1)アイリスの株を掘る(けっこう深く根が張ってて大変なの)

2)アイリスの株を分ける(1株からいっぱい球根が取れるの)

3)耕運機で畑を耕し、畝(うね)を作る

4)植える

というステップなのだが、楽しいのは2)だけで、あとはきつい作業ばかり。
それでも来年の開花のため、がんばって作業をしているのだっ!

ところがっびっくりこんなえみぃ達の苦労を知ってか知らずか、
とんでもないいたずらをする奴らが居るびっくり

jingi1.jpg


jingi2.jpg


せっかく植えた苗たちが、半分以上引っこ抜かれている。
犯人は、カラスなのだー!

奴らはいつも、畑の周りに群れをなして、獲物を探している。
がんばれ夏野菜たち!の記事でも書いたけど、近所のおばさんは、野菜の苗を全部抜かれたとか、収穫前の野菜や果物を全部食べられちゃったとか、そういう被害を最近すごく耳にしていた。
アイリス達が被害にあわなければいいが、、、と思っていたら、やられてしまった。

おのれーーーー怒り
普段温厚なオットも

「皆殺しにしてやるーーー」

などと怒り心頭のご様子。
まぁ、お怒りはごもっともだけど、そんな物騒なことを言わないで、
知恵を絞りましょうよーとオットをなだめ、カラスよけを作ることにした。

jingi4.jpg


エリアの四隅に棒をたて、間を縦横無尽に釣り糸を張る。
これだけで十分とは言えないけど、かなり効果はあるようだ。

とはいえ、延べ500坪以上の畑全部に糸を張るわけにもいかず、えみぃ達VSカラス達の仁義なき戦いは、まだまだ続くのだった。

アイリス満開!!

つい先週まで、あっちもこっちも開花待ちって感じだったけど、一気に開花!
300坪のメイン畑は、ほんっとにもう、すごいきれいよ。

mankai1.jpg


えみぃとオットが世話をしている、100坪の畑も、ほぼ満開。

mankai2.jpg


5月中旬から、毎朝畑に通って開花株を確認したり、写真撮影をしている。
リョウコは休みの日はもちろん、日勤、夜勤関係なく、毎朝畑に居る。
えみぃ達が行くと、

リョウコ「○×▲が咲いたよ~」

と言っては、畑のあちこちを連れまわす。

最初のうちは、写真撮影も10枚とか20枚だったけど、ここ数日は毎日200枚近く撮影しちゃう。時間もあっと言う間にすぎちゃって、ゆっくりお花を観賞する時間がないーーー。

それでも、3人であっちこっちの花を見ながら、あーでもない、こーでもないと言って歩くのは、とっても楽しい。1年で一番うれしくて楽しい期間だ。

えみぃが楽しみにしていて、今のところナンバー1のお花はこれ。

double.jpg


ダブルクリックって言うお花。蘭みたいに豪華&繊細で、アイリスじゃないみたいでしょ?

あと、こんな真っ黒いお花もあるの。

old.jpg


オールドブラックマジックって言う名前のお花。黒いお花は人気があるんだけど、写真撮影をすると、すごいお天気でもフラッシュが光っちゃう。黒いから?えみぃ達がカメラの使い方を知らないだけ?誰か教えて!

ジャーマンアイリスには、早咲き-中咲き-遅咲きとあって、5月中旬ぐらいから早咲きが咲いて、5月最終週に中咲きが咲いて、6月に入ると遅咲きが咲くという感じ。早咲きと遅咲きが同時に咲くことってあまりないので、5月末が一番いろいろ見られてほぼ満開ってことになる。
今年は開花が少し遅れたけど、遅咲きが早く咲いているので、例年よりいっぺんに咲いちゃった感じだ。お花が多くてうれしいけど、一気に終わりそうで怖い。
でも今年は、気温が低いのかな?花持ちがすごくいい。アイリスの花は、開いて2日ぐらいしか持たないんだけど、今年は3日以上持っていることが多い。それに、花びらがたれず、形良く咲いている気がする。
とにかく、すごく良い状態なのだったらなのなのだ!

さっきちょっとだけリョウコのことを書いたけど、この時期のリョウコは、仕事があるときと寝るとき意外は、ずーーーっと畑に居る。たぶん、近所の人から見たら、あの人はいつ寝てるんだろう?いつ仕事してるんだろう?っていうぐらい、畑に居る。
だから、家のアイリス達は、盗難の被害に逢う事はないのだ(爆)

ちょっと話がダッフンしたけど、とにかく、畑に居てアイリス達を見ている。なので、つぼみから花びらの先っちょが出てくると、どの花のつぼみかわかっちゃうのだ。

先っちょって、ほんと、こんなんよ。

tubomi.jpg


テレビチャンピオンで「ジャーマンアイリス選手権」があったら、リョウコはかなり上位に食い込める気がする、今日この頃なのだ。



遠征 石橋アヤメ園

夏野菜の苗を植えなくちゃいけないし、田んぼのあぜくさも刈らなきゃいけないし、あっちの畑もこっちの畑も草ぼーぼー、やらなきゃいけないことがてんこもりなんだけど、ぜーーーんぶ後回しにして、14日、夜勤明けのリョウコをつれて、栃木県にある「石橋アヤメ園」に行ってきた。
70歳を超えていると思われるおじいちゃんが営むアイリス園だ。

アイリス園までの距離は170キロ。遠いぞー。夜勤明けのリョウコにはきついだろうと、ステップワゴンの後ろにちょいと寝られるスペースを作ったけど、「楽しみで寝られるかいっ」と興奮気味だった。10時に家を出発し、1時過ぎに到着した。

長野にあるアイリス園って言うと、りんご畑や田んぼの真ん中にあって、遠くから見ても「あ、あそこだ」ってすぐわかるところが多いけど、ここはちょっと違う。
国道から民家の入り口みたいな細い道を入って奥に行くと、竹林と民家と線路に囲まれた神社の境内みたなスペースがあって、手前には池が作られている。池にかけられた赤い橋を渡ってさらに進むと、ビニールハウスがいくつも建てられていて、その中にアイリスが咲いている。

ishibashi.jpg


アイリスは早咲き種が満開というところだった。

夜勤明けの疲れも忘れて、あちらこちら見て歩くリョウコ。えみぃもリョウコについて歩く。
オットは下調べしてきた品種を探して飛び回っている。

アイリスの香りが漂うハウスの中、色も形も違うアイリス達をひとつひとつ見ていくのってロマンチックハートなーんて思っていたら、

「おらといっしょに暮らすのは~ およね おめーだと~」

となにやら聞いたことがある歌が聞こえてきた。オヨネーズの「麦畑」だった。
おじいちゃんの趣味なのかなー、園内にはずっと演歌が流れてる。
駅とかによくあるレトロなベンチがあちこちに置いてあったり、カキ氷やおでんやうどんなんかを出す屋台があったり、なんか昭和にタイムスリップしたみたいで、不思議な空間だ。

1時間半ほど鑑賞して、欲しい品種を決めた。

オットとリョウコが一押しの花はこれ。

otto.jpg


家にあまりない赤系。ふりふりしてて、すっごく形がよかった。

えみぃが気に入ったのはこれ。

emi2.jpg


ちょっと渋系が大好きなえみぃ。
リョウコ(顔に似合わずすっきりたブルー系好き)もオット(かわいらしいピンク系好き)も

「えーーダメ

って言ったけど、好きなんだもん。

あとこんなのも。

emi.jpg



リョウコはさすがにお疲れモードで、先に車に戻って一服。
オットは予算内で納めるべく、欲しい品種の最終確認。いっぱいピックアップしちゃったから、いらないものを減らすって予定が、結局増えてるし。。。
予算をオーバーしたけど、全部購入。

アイリスをたくさん車に積んで、帰路についた。

すると、リョウコのくしゃみが止まらない。喘息持ちで花粉症のリョウコには、アイリスの花粉がきつかったらしい。おまけに匂いもきつかったらしくて、ちょっとかわいそうだった。
口にハンカチをあてて、横になってオヤスミモードになって、気がつくと「ZZZZ・・・」いびきをかいてた。

ほっとしてオットと話をしていたら、

「ソフトクリームはどうした?」

と突然リョウコが言った。
車に乗ってしばらくして、えみぃが「ソフトクリーム売ってるところがあったら食べたいねー」と言ったのを思い出したらしい。
花粉で苦しかったんちゃうんかいっ、って感じだったんだけど、ミニストップでソフトクリームを買ってあげた。食べ終わるとまた「ZZZZ・・・・」。恐るべし、リョウコ。

帰りに温泉でも寄ろうかーなんて言ってたけど、さすがにオットもえみぃもお疲れでパス。
7時ごろ家に着いた。

家に着いたらすぐお開きかなーと思っていたら、リョウコが

「アイリスの鑑賞会しりや」(鑑賞会をしようの意)

と言い出した。なんてタフなんだ。
薄暗い裏庭で、アイリスの株から花を切る作業。えみぃもオットも疲れてしまってやる気なし。だらだらやってるとリョウコが

「こうやってやるだよ」

とパパッとお手本を見せる。バケツに水を汲んで来い、これをあーしろと言うリョウコの指示で、花を花瓶に挿して、リビングで鑑賞会。

これがよかったあれがよかった、えみぃの選んだのは良くない(まだ言うか)と言いながら、アイリスのカタログを見ながら鑑賞会。だらだらだったえみぃとオットもようやく元気が出てきて、ノリノリで話し始めたらリョウコが、

「あ、やっぱこの匂いだめだ、帰るわ」

と言って、さっと帰っちゃった。
すごいマイペースな人だ。

1日相手をしたオット、疲れたんじゃないかな。お疲れ様。
そおいえば当日は母の日だった。意識してなかったけど、親孝行できてよかったなぁと思う、今日この頃なのだ。

アイリス開花!

待ちに待ったアイリスシーズンが始まろうとしている。
ミニアイリスが咲き始めたのだ!GWがあけてから、毎朝畑の様子を見に行ってる。
今朝も7時に家を出て、30分ほど見てきた。

mini1.jpg


ミニアイリスはその名のとおり、草丈20~40センチ、花の直径が10センチ前後の小さいジャーマンアイリスだ。ミニアイリスっていうのは日本(?)での通称で、アメリカではDwarf Iris(ドアーフ・アイリス)と呼ばれている。

かわいいミニアイリス達のアップをご覧あれ。

mini2.jpg


mini3.jpg


mini4.jpg


ミニアイリスは、今年40種類咲く予定。今は半分も咲いていないから、ちょーーーー楽しみ。

来週あたりから、トール種(草丈80センチ以上、花の直径も15~30センチ)が咲き始める予定。今現在は、あっちからもこっちからもつぼみがニョキニョキ、ニョロニョロみたいに出てきてるから、もうワクワクなんてもんじゃない。1年で一番、幸せな季節。

アイリスの開花続報は、ハナノ*ドウヤのブログで毎日更新してるので、よろしかったらこちらもどうぞ。

ハナノ*ドウヤのブログ

アイリス販売はこちらで受けつけてマース。
ハナノ*ドウヤのHP
プロフィール

drecom_pekoemi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ